さいたま市 川口市の屋根リフォーム、火災保険申請代行はホームネットワーク浦和へ

埼玉での施工、改築、増築ならホームネットワーク浦和へ

トップ>テーマ別リフォーム

テーマ別リフォーム

健康住宅

アトピーや化学物質過敏症など、一昔前にはなかった病気が現代人を苦しめています。住宅用接着剤、塗料に含まれるホルムアルデヒドなどの化学物質は、体質不良や慢性病を引き起こす「シックハウス症候群」です。さらに、家電製品やパソコンが出す電磁波が健康に与える悪影響も、住環境の悪化に拍車を掛けています。

空気中には、正の帯電粒子と負の帯電粒子、2種類の帯電粒子が存在しています。正の帯電粒子(疲労帯電粒子)は酸化作用があり、負の帯電粒子(元気帯電粒子)は酸化を抑制する力があり、生命活動を強化します。自然な換気が出来た昔の木の家には、常に空気中に負の帯電粒子を取り込み快適に保つ機能が備わっていました。しかし現代はどうでしょう。

私どもは自然素材と、抗酸化性能で空気質や室内環境を改善し、住む人と住まいの健康を目指します。

ペット対応リフォーム

ペットと快適に暮らせる住まいへリフォームしたい。

今やペットも大事な家族の一員。共に暮らすためには家作りにも配慮が必要です。ペットも人間もお互いが心地良く暮らすために、リフォームの時に少し考えてみましょう。

犬や猫を室内で飼うと、どうしても床や壁に擦り傷ができてしまいます。そこで、耐久性があり擦り傷ができにくいフローリング材や、右の写真のような擦り傷、汚れに強い腰壁を設置することをおすすめいたします。(写真はアイカ工業の商品です) ドアには犬猫専用の扉もあり、お部屋を自由に行き来することが可能です。

マンションリフォーム

マンションのリフォームを考えているんだけど・・・

管理規約等による規制があり、勝手にリフォームすることはできないことになっています。 まずは管理会社にご連絡いただき、リフォームが可能かどうかのご確認をとる必要がございます。

マンションは機密性のある室内ですので、結露から発生するカビ・ダニ等を考慮し、 クロス等をお選びすることをお勧めします。また、フロア-はムクの防音材を使い、 浴室ユニット等は狭いスペースをより広くするリフォームを考えています。

バリアフリーリフォーム

高齢者も介護者も安心して暮らせる住まい

高齢化や障害に対応するためのりフォームを行うためには、深い知識と、高齢者や障害に対する理解が必要となります。これは、たとえ現在特に障害がなく、将来に備えるためにリフォームをしようとする場合でも同じです。

身体機能の衰えに備えて予防的なリフォームを考えてはどうでしょうか。高齢期の身体の衰えはいつ何時やってくるかわかりません。つま先が引っ掛かるくらいの段差の解消、階段や便所、浴室の手すりの設置、廊下や出入口の巾を広くしておく等の備えがあれば、いざというときに安心ですし、何よりもこれによって住宅内事故などを未然に防ぐことができます。
では、体がもっと衰えて、介護が必要になってからでは遅いのかというと、そういう訳ではありません。住宅のリフォームによって、要介護者の身体機能の衰えをカバーしたり、介護者の介護負担を軽減できます。介護保険を利用して、一定の条件を満たした住宅改修も行えるようになっています。段差の解消、手すりの設置、洋便器の設置等は、介護が必要になった場合には効果の大きい改修です。介護保険なども利用しながら、効果的な改修をすることによって、介護する方、される方がともに安心を得られます。